佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

顎関節症とマウスピース

こうすけ歯科医院

顎関節症とマウスピース

 こんにちは。こうすけ歯科医院の古川です。

顎関節症の治療で、歯科医院でマウスピースを作成することがあります。顎関節症とは、あごの痛み、あごの音、口が開けづらいなどの症状を呈する疾患です。

 代表的なマウスピースにスタビライゼーション型のマウスピースが有名です。別の呼び方では、これをスプリントと呼びます。この装置は、咀嚼筋をリラックスさせ、顎関節部への過重負担を軽減する目的で、プラスティックの材料で制作されています。ここで大事なことは、装置を入れっぱなしにするのでなく、調整が必要なことです。1~2週間間隔で来院していただき、調整を繰り返していきます。原則として顎関節症治療を目的としたスプリントは、就寝前に使用して寝てもらうことが多いです。このスプリントを3ヶ月ほど使用しても症状が改善しない場合、又は悪化する場合には、専門医への紹介が必要となることもあります。

 顎関節症の治療のゴールは、顎関節痛や咀嚼筋痛、開口障害などの顎関節症状を日常生活で困らないくらいまで回復させることにあります。口を開けたとき、あごの痛みがある方は、一度かかりつけの歯科医を訪ねて、検査・診断してもらった方がよいです。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る