歯並び・咬み合わせを正して、健康で快適な毎日へ

咬合育成療法

最近『歯並び、噛み合わせ』の悪い子供達が、学校検診や診療所でも目立って増加しています。以前から「子供の歯列不正」「不正咬合」を引き起こす多くの原因が「乳歯のう蝕」や「悪習癖」と言われてきました。
しかし、現在では『不正の原因』が大きく変化してきており、日常の生活様式の変化や保育・食習慣などの『生活習慣』の変化と無関係とは言えません。
家庭の日常生活の中から『歯並び』に悪影響を及ぼす「日常の生活習慣」を探り出し、それらが『どのように悪影響をあたえるのか』『どのような治し方があるのか』『何か予防法はないのか』という事を考えて行く事が重要です。

成長とともに大きく広がるために必要なもの  筋肉を機能させる
バランスよく形が作られるために必要なもの 良好な日常生活習慣
歯並びに出てくる異常 歯列の形態、個々の歯の傾斜・捻転・埋伏
噛み合わせに出てくる異常 発音、側貌・正貌のアンバランス
定期的に管理する内容 口腔や口腔周囲筋
発育の手助けの方法 筋機能訓練や動的処置を積極的に行い、顎顔面のみならず、全身をも考慮した機能と形態をバランスよく整える 

成長とともに大きく広がり、バランスよく形が作られていく歯並びや噛み合わせなどに、異常が出ないように【定期的に管理し、正常な発育の手助けをする治療法】を咬合育成療法と言います。

咬合育成療法

咬合育成療法(子どもの矯正)

全身の成長を促し、歯並びをよくする方法です。
咬合育成では、全身や口腔の成長を刺激する治療を行います。

大人の矯正

通常の矯正は歯並びを美しく見せる事が目的です。全身の成長を促す事はしません。

矯正治療

こうすけ歯科医院の矯正治療

矯正治療矯正歯科では、歯並びを整えて正常な咬み合わせにする治療を行います。咬み合わせを正しくすることで顔の骨格も整い、美しい口元になります。また、外見上の問題だけでなく、歯並びが悪いと、虫歯などの口腔内のトラブルが起きやすくなったり、全身のバランスが崩れて顎関節症や肩こりなどの体調不良をまねいたりするおそれもあります。

矯正治療について

矯正治療では、ブラケットなどの矯正装置を装着して歯に一定の力をかけ続け、経過を見ながら少しずつ歯の位置を動かしていきます。症状や患者様の年齢などによって、使用する装置の種類、治療期間、費用などが異なります。詳しくは、当医院までお問い合わせください。

歯が生え替わる時期に乳歯がうまく抜けない場合、永久歯が歯ぐきの内側あるいは外側に生えてくることがあります。このようなケースでは、乳歯を早目に抜くなどして永久歯が生えるスペースを確保し、正しい咬み合わせとなる手助けをします。

症例

矯正治療の流れ

当医院では、次のような流れで矯正治療を進めていきます。

SETP1.初診・カウンセリング
問診・視診・触診などを行って口腔内の症状を把握します。治療に関するご質問やご不安などありましたら、カウンセリングの際にご遠慮なくご相談ください。
SETP2.精密検査
レントゲン撮影や咬み合わせのチェックなどを行い、口腔内の状況を詳しく検査します。
SETP3.治療プランのご説明
精密検査の結果をもとに、治療プランを立案します。不正咬合の状態や患者様のご要望に合わせて、最適な治療方法を検討します。治療期間や費用についても、お気軽にご相談ください。
SETP4.治療開始
治療プランに沿って、矯正治療をスタートします。虫歯や歯周病などの疾患がある場合は、そちらを優先して治療します。
SETP5.矯正装置の装着
装着期間はおよそ1~3年ほどになります。症状や治療の進み具合によって、矯正装置の調整などが必要になりますので、医師の指示に従って通院してください。
SETP6.矯正装置の取り外し
不正咬合が改善されて歯並びが整ったら、矯正装置を外します。
SETP7.保定治療
矯正治療完了後、歯並びを安定させるためには、およそ1~2年の保定期間が必要です。何もせずに放置していると歯列が元に戻ってしまうおそれがありますので、医師の指示に従って保定装置(リテーナー)を装着してください。保定期間中は、口腔内の状態を確認するため、定期的に装置の調整や検診を受けるようにしましょう。
SETP8.治療完了
矯正治療が完了し、美しく整った歯並びになりました。治療完了後も、口腔内の健康を保つため定期検診やクリーニングを受けることをおすすめします。
こうすけ歯科医院 Kosuke Dental Clinic
医院アクセス
診療内容