佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

義歯清掃頻度と肺炎との関係

こうすけ歯科医院

義歯清掃頻度と肺炎との関係

 こんにちは。こうすけ歯科医院の古川です。

 今回は、義歯清掃頻度と肺炎との関係を述べたいと思います。日本の高齢者(65歳以上)7万人を対象にした研究で、「入れ歯の清掃習慣と」と、「過去1年間に肺炎になったか」を調査したところによると、「入れ歯の清掃を毎日している人」に比べて、「毎日はしていない人」は、肺炎になった人の割合が1・30倍も多く、さらに75歳以上の人に限ると1・58倍にもなったそうです。

 入れ歯をお掃除していないと肺炎のリスクが高まることは容易に想像できると思います。お口の中の細菌が肺に入り、「誤嚥性肺炎」が起きたと思われます。直接食べ物などを誤嚥しなくても、睡眠中に唾液が肺に流れ込むこともあります。そうして誤って飲みこまれた細菌が、肺で繁殖して肺炎が起きるのです。

 誤嚥性肺炎になるリスクを減らすには、唾液中の細菌を減らすことが重要です。だから、毎日の入れ歯のお掃除は欠かせません。実際、介護を受けている高齢者や入院患者さんに対して、看護師や歯科衛生士、介護士が毎日お口のケアをしただけで肺炎になるのが減ったという報告もあるようです。

 このような理由で、入れ歯を日頃から使われている方は、ぜひ毎日お掃除をしてください!

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る