地域密着型の佐賀市兵庫町の「こうすけ歯科医院」の歯科と全身疾患のページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30
▲ 木曜日/9:00~13:00

休診日
日・祝

▲ 木曜:祝祭日のある週は午後も診療致します ▲ 第1木曜は12:00までの診療となります

お口と身体の関係

こうすけ歯科医院

お口のトラブルは全身にも影響します

風邪なら内科、ケガなら整形外科、そして歯が痛くなったら歯科医院と、それぞれのトラブルで医療機関が異なるため、まさか歯の不具合が全身の健康に影響を与えることをご存じない方もいらっしゃるかもしれません。しかし虫歯や歯周病、噛み合わせの乱れは身体の健康をおびやかす病気と関連することがあるのです。全身を健やかに維持するためには、お口のトラブル予防も欠かせません。

歯周病に関連するといわれる全身疾患

歯周病は歯ぐきの炎症から始まり、悪化すると歯を支える歯周組織や顎の骨が溶けていき、最悪の場合は歯を失うことにつながるこわい病気です。しかし歯周病が与える影響はお口の中だけにとどまりません。重篤な状態を引き起こす全身疾患にも関連しているといわれているのです。

糖尿病 糖尿病にかかっていると歯周病が重症化しやすいといわれています。反対に歯周病の症状が改善すると糖尿病も改善することもあるのです。歯周病と糖尿病には相互関係があると認められています。当院のドクターは日本糖尿病協会登録歯科医のため、糖尿病に関する研修を受けており、歯周病の知識だけでなく、糖尿病の知識も兼ね備えています。
心疾患 お口の中の歯周病菌が増え、歯周病菌が血管に入ると全身を巡ります。そして心臓弁に感染すると「細菌性心内膜炎」を引き起こすことがあります。
肺炎 食べ物を飲み込む力が弱っていると誤嚥(ごえん)を起こしやすくなります。歯周病の方が誤嚥を起こすと唾液と一緒に細菌が気管や肺に入ってしまうので、抵抗力が弱いと誤嚥性肺炎を引き起こすことがあります。
脳梗塞 細菌が血液に混ざると血栓を起こしやすくなります。歯周病菌がお口の中で増加し、なんらかの原因で血管に入ると全身を巡り、脳梗塞の原因となる動脈硬化を誘発します。
早産・低体重児出産 妊娠中に歯周病にかかり重症化すると、歯周病菌が体内に侵入するリスクが高まります。すると子宮に刺激を与え、早産や低体重児出産のリスクを高めてしまうのです。

お口のケアをしませんか?

お口のケアをしませんか?

虫歯も歯周病も口腔ケアで予防ができます。その基本は毎日のブラッシングによるセルフケア。そしてそこへ定期検診での歯科医院でのプロフェッショナルケアを加えればとても効率のよい予防が可能になります。また歯が健康なら、咀嚼機能が衰えません。咀嚼すると脳への血流が増えるので、脳の老化の抑制効果も期待できます。さらに咀嚼は栄養補給につながり全身の健康にもつながるのです。

QOLを高めるために
QOLを高めるために

「食べること」は、QOL(生活の質)の向上につながります。お口が健康なら「おいしく食べる」「はっきり意思を伝える」「楽しく笑う」などの行為が当たり前にでき、これらは生き甲斐につながっていきます。また、飲み込む力を健やかに保つことで、誤嚥を防ぎ、肺炎などのリスクを抑えられます。いつまでも楽しく快適に過ごせるように、今から口腔ケアをはじめませんか?

噛み合わせと身体の関係

顎は筋肉でほかの骨とつながっています。そのため噛み合わせのバランスがくずれると、首や腰など全身のバランスにも影響するのです。

噛み合わせの乱れが引き起こすリスクがある症状
  • 肩コリ、首のコリ、背中の痛み
  • 頭痛
  • 手足の冷え、しびれ
  • 肌荒れ
  • 鼻炎、アレルギー症状
  • 生理痛、生理不順
  • 寝起きの悪さ、疲れやすさ、倦怠感(けんたいかん)、食欲不振
  • 貧血、めまい、立ちくらみ など

噛み合わせチェック

噛み合わせが乱れているかどうかはかんたんにチェックできます。あてはある項目がある方は、お気軽に佐賀市兵庫町の歯医者「こうすけ歯科医院」にご相談ください。

  • 鏡を正面から見たとき、上の前歯と下の前歯の中心がずれている
  • 歯と歯の間にすき間がある
  • 歯が重なり合っていてデコボコに生えている
  • 横から見て、上の歯と下の歯にすき間があり噛み合っていない
  • 下の前歯が上の前歯より前に出ている
  • 上の歯列が下の歯列を半分以上覆っている
  • 唇が鼻の先と顎の先を結んだ線上にない(唇がかなり引っ込んでいる、または突出している)

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る