佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

エナメル質と象牙質の違い

こうすけ歯科医院

エナメル質と象牙質の違い

 こんにちは。こうすけ歯科医院の古川です。

 歯の見えている部分で、白くつやつやしている部分をエナメル質、その下のやや黄色っぽい色をした部分を象牙質といいます。この2つは「歯」として一体になって働いていますが、もともとの性質は全く異なっており、エナメル質はつめや髪の毛の仲間で、象牙質は骨の仲間です。

 エナメル質は、からだの中で一番硬く、主にカルシウムやリンなどの無機質からできています。爪や髪の毛を切っても痛くないのと同様それ自体はむし歯になっても痛みは感じません。エナメル質はいわば「歯のよろい」で、歯の内部がむき出しにならないように、外側をおおって中を守る仕事をしています。爪や髪の毛と違うところは、自分を増やす細胞をもっていないため、今ある形が完成品で、一生モノだということです。

 一方、象牙質は、歯髄から栄養をもらっている生きた組織です。結晶とコラーゲンでできており、エナメル質より柔らかく、むし歯になりやすい構造をしています。

 いったんむし歯菌の酸によりエナメル質に穴が開いてしまいエナメル質を貫通してしまうと、その下の象牙質内では、中で容易に広がります。見た目ではほんの「小さなむし歯」に見えたものが、「思っていたより大きな詰め物が入ってしまった」という経験がある方は、このような理由からなのです。

 小さなむし歯だと思っていても、実は大きなむし歯だったということもあるので、かかりつけの歯科医院で早めに診てもらうことをおすすめします。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る