佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

マスクの使用で顎関節症が増加?

こうすけ歯科医院

マスクの使用で顎関節症が増加?

 こんにちは。こうすけ歯科医院の古川です。

 最近の面白い記事から・・・・。

新型コロナウイルスのパンデミックにより、顎関節症に悩む人が世界規模で増えているそうです。

 記事によると、ウイルス感染が直接顎関節症を引き起こすわけではないようですが、感染予防のために、四六時中マスクをしなくてはいけないことが関係しているそうです。アメリカ歯科医師会の報告によると、歯科医師の62%が患者さんの顎関節症の増加を認識しているとの報告があります。

 マスクの下のお口やあごに知らないうちに力が入り緊張状態になり、この状態があごに負担がかかる状態となるようです。本来リラックスしているときは、上下の歯はくっつかず少しすき間が空いているのが理想なのですが、緊張すると上下の歯は接触した状態になります。

 これはTCH(歯列接触癖)といって、あごまわりの筋肉や関節円板という組織に悪影響を及ぼし、顎関節症の一要因となります。実際、顎関節症の患者の52%がTCHの習慣があるとのことです。また、マスクをしていると呼吸がしにくくなり、無意識にあごを前に突き出してマスクと顔との間にすき間をつくり、ふだんとは違うあごの動きをすることも、あごの筋肉を傷めて顎関節症につながると述べてありました。

 

 

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る