佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

歯みがき中の事故

こうすけ歯科医院

歯みがき中の事故

 こんにちは。こうすけ歯科医院の古川です。

  最近の歯科雑誌からの引用です。

 東京消防署のデーターによると、2016年から2020年までの5年間に、自分での歯磨き中にけがをして救急搬送された5歳以下の乳幼児は194人だったそうです。年平均にしてみると40人弱でここ10年ほぼ変わらないとのことでした。年齢別でみると1~2歳が多く、ほとんどのお子さんが軽症ですが、中には歯ブラシがお口の中で刺さってしまい生命の危険が強いと思われたものもあったようです。

 原因としては、やはり転倒が一番多く、子供は、2歳くらいまでは頭が大きく重心が上にあって転びやすいですものね。1~3歳の子どもの転倒で、歯みがき中「立っていた」「歩いていた」「走っていた」という子がやはり多く、歯みがきをするときは必ず安定した場所で、座って歯をみがくということが大事です。

 道具のことも触れてありました。3歳前半までの事故の多い時期には、この文献を書いた筆者は、持ち手にカバーがついているブラシよりもネックが曲がるタイプがおすすめと書いてありました。カバー付きタイプの歯ブラシは、転倒時にカバーが外れたりズレたりしてのどを突いてしまう事故が報告されているそうです。 

 最後に万一歯磨き中に子供がけがをしてしまい歯ブラシが刺さっている、出血しているなど大きなけがをしているのが明らかな場合は、躊躇なく救急車を呼ぶことが大事です。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る