佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

ブラッシング後のキシリトール配合食品の摂取は…

こうすけ歯科医院

ブラッシング後のキシリトール配合食品の摂取はダメなの?

 こんにちは。こうすけ歯科医院の古川です。

 キシリトール配合食品を食べることによって、う蝕の予防あるいはエナメル質の再石灰化が期待されるのは事実です。これらの効果はキシリトールのミュータンスレンサ球菌に対する作用のほか、ガムやタブレットを食べる際に咀嚼を促すことで、刺激して出た唾液の分泌が促進し効果があるといわれています。

 しかしながら、キシリトール単独のものは優れた非う蝕誘発性を示しますが、ちょっとでもショ糖が存在すると、その非う蝕誘発性は損なわれる可能性があるとの報告があります。一般的に食品でキシリトールだけで構成されているものは少なく、タンパク質や脂質が含まれているものが一般的です。キシリトール配合食品の評価は、キシリトール配合の有無だけでなく、その食品に含まれている全成分で評価することが正しいといえます。その評価の目安となるのが特定保健用食品(トクホ)の表示です。

 キシリトール配合食品は、ミュータンス連鎖球菌を兵糧攻めにします。しかしながら、われわれは多種多様な糖質・糖類を食します。その中にはミュータンス連鎖球菌が利用できるものも存在します。そのためミュータンス連鎖球菌の根絶は、無理だと思われます。また多くの細菌は増殖するときにたんぱく質を利用するため、ブラッシング後にキシリトール配合食品を食する場合は、原則食べない方がいいけれど、まずは「トクホ」の表示があるものをお勧めします。

 

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る