佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

妊娠中の患者さんにフッ化物を使用してもいいで…

こうすけ歯科医院

妊娠中の患者さんにフッ化物を使用してもいいですか?

 こんにちは。こうすけ歯科医院の古川です。

 妊娠中は、つわりなどによる口腔清掃不良に加え、嗜好や食習慣の変化、さらに唾液の緩衝能が低下することによりう蝕リスクが高まる時期です。その対策として、ブラッシングができないときは、「ぶくぶくうがい」は有効といわれています。つわりが落ち着き、フッ化物洗口液やフッ化物配合歯磨剤の使用、さらに歯科医院でのフッ化物局所塗布も適切な使用法で活用すれば、う蝕リスクは効果的に抑えることができると思われます。

 フッ化物洗口液の添付文書には、「妊娠中及び授乳中の使用に関する安全性は確立していない」と記載されています。このことは、ずるい言い方ですが、はっきりわからないということです。まあ、どの薬の添付文書にもこのような記載はありますが・・・・。必ずしも使用禁忌ということではないです。母親と胎児は臍帯・胎盤を通じてつながっているだけで、胎児の方に母親からフッ化物が移行し始めても、母親の血中フッ化濃度はほどなくして下がるといわれています。

 上記のような理由で、フッ化物を応用することにより口腔内環境を改善し、う蝕リスクを軽減することは、う蝕原因細菌の母子伝播予防につながるため、生まれてくる子供にとっても理想的効果的な予防アプローチであるといえるようです。ただし歯科医師、歯科衛生士の指導のもと、フッ化物を適切に活用するようにしましょう。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る