佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

歯の予防について

こうすけ歯科医院

歯の予防について

 こんにちは。こうすけ歯科医院の古川です。

 むし歯の治療といえば、悪い部分を削り取り、その穴を金属・樹脂・セラミックなどで埋めたり被せたりすることと思われている患者さんもまだまだ多いのではないでしょうか。でもここで考えてもらいのは、削り取った自分の歯は、二度と元に戻すことはできないということです。

 むし歯は大きくなって痛みが出ると、歯の神経を取らなければなりませんが、神経を取ったあと神経が再生することはまずありません。神経が無くなると歯は、もろく割れやすい状態になります。痛みはしばらくの間はなくなりますが、長い目で見ると歯が割れやすくなり、結局は抜歯になってしまうケースをこれまでたくさん見てきました。また、神経を取った歯は、歯の根の先に膿をもつことがあります。再度、根の治療をしても治らないことも多く、人工の神経が元々あった神経に勝ることは絶対ありません。

 では歯周病に関してはどうでしょう?歯周病は、初期の頃は痛みを引き起こすことはほとんどありません。歯ぐきから出血していても、痛くないし逆に歯をみがくと出血するので歯みがきすることが疎かになるようです。そのままにしておくとますます出血し、歯を支えている骨が徐々に無くなっていきます。それが数年続くと、気づいたときには、歯が浮いた感じになり、歯ぐきから血膿が出たり、歯ぐきが腫れたりして口臭がひどくなっていき、ついに罹患した歯でものを噛むことができなくなります。最後は歯が抜け落ちてしまいます。ここで大事なことは、いったん骨が吸収してしまうと、手術してもよほど条件が良くないと骨が元の状態まで回復することはないということです。

 原因がむし歯であれ、歯周病であれ、歯を失ってしまうと二度と元に戻ることはありません。「歯は悪くなってから治す」と考えている人もまだまだ多いようですが、悪くなってからでは元の状態まで戻すことは、できないことを理解していただければなと思います。日本では、まだまだ欧米のように予防の概念が十分浸透しているとは思えません。自分の歯で一生涯噛みたい方は、悪くなる前に予防することが結果的に一番苦労しないで済むことを知っておいてください。

 歯は悪くならないのが一番良いです。悪くなってしまうと、痛い思いをして、時間もお金もかかります。そうならないためにも、ご自身での毎日のセルフケアと、定期的なプロによるケアで健康な歯を保つこと(予防)が一番重要なことだと思います。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る