佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

むし歯菌が脳出血の原因に⁉

こうすけ歯科医院

むし歯菌が脳出血の原因に⁉

 こんにちは。こうすけ歯科医院の古川です。

 大阪大学に所属している先生の文献からです。

 ミュータンス菌の一部の菌が、「脳の血管を攻撃する」という悪さをすることが分かったとのこと。ご存知のようにミュータンス菌は、歯にくっつき、砂糖から酸をつくりむし歯の原因になる菌です。どなたのお口のなかにもミュータンス菌は存在しますが、その中で「コラーゲンに結合するタンパク」をもつ菌株がいて、この菌株は、血管などの組織が壊れコラーゲンがむき出しになると、そうしたところのコラーゲンにくっついて悪さをするとのことです。このミュータンス菌は、「Cnm陽性株」と呼ばれていて、10人に約1~2人が持っているそうです。そのことで、筆者は「お口の清潔を保つことは脳出血の予防になる」と結論付けています。

 機序を簡単に説明すると、血管が痛むと、壊れた部分のコラーゲンがむき出しになり出血します。本来、血小板がすぐにやってきて止血をするのですが、Cnm陽性のミュータンス菌がコラーゲンにくっついてしまい、血小板の仕事の邪魔をするので、出血が続いてしまうとのことらしいです。

 このCnm陽性菌は、認知症とも関係することがわかっています。脳血管型認知症の場合、脳出血によって脳が委縮して認知機能の低下を認めます。これもCnm陽性菌が関与しているといわれています。

 このようにCnm陽性菌を体の中から除去することは今のところ現実的ではなく、一番大事なのは、お口の細菌が体の中に入り込む「入口」をつくらないこと、つまりお口の中で炎症を起こさせたり、出血させないことということです。具体的には、神経にまで及ぶ大きなむし歯、歯周病にならないようにすることが大事です。

 ずばり「予防」ということになるでしょう。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る