佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

ブラキシズムの影響は?

こうすけ歯科医院

ブラキシズムの影響は?

こんばんは。こうすけ歯科医院の古川です。

ブラキシズムをしている人で、

歯にどのような影響が具体的にあるかというと、

1.歯の磨耗が起こります

ブラキシズムにより硬いエナメル質が磨り減り、

中の象牙質が見えてくることがあります。

そして、ときどきしみたり、残ったエナメル質の部分が薄くなり

強度が落ち、歯が割れやすくなります。

もっと磨り減ると歯髄が感染し、炎症が起こることもあります。

力の影響で歯髄が死んでしまったり、

歯の根の先端に炎症が起きることもあります。

そのようになると歯茎が腫れたり、咬むと痛みが生じたりもします。

2.歯がしみる(知覚過敏)

ブラキシズムのために、むし歯でもないのに、歯がしみることもあります。

3.冠や詰め物がはずれる

力のかかり具合によっては、たびたび冠や詰め物が外れたりします。

4.歯が割れる

強大な力で激しくこすり合わせることにより、

歯そのものが割れてしまうこともあります。

歯髄が残っている歯でも割れることもありますが、

神経を失った歯の場合、強度が落ちてくるため、いっそう割れやすいのです。

割れてしまうと治療の施しようがなく、

残念ながら抜歯しなければならないことが多くなります。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る