佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

ビスフォスフォネート剤について

こうすけ歯科医院

ビスフォスフォネート剤について

 こんばんは。こうすけ歯科医院の古川です。

骨を強くするビスフォスフォネート製剤(BP製剤)は、

骨粗鬆症の治療薬に一番よく使われる薬です。

しかし、副作用として、顎の骨が壊死を起こすことがあります。

特に抜歯などの外科処置により引き起こされることが多いです。

顎骨壊死の予防には、抜歯などに至らないように、

日頃からケアをしっかりして歯の健康を保つことが重要です。
 

その薬のの作用を説明すると、BP製剤は、

古い骨を吸収する細胞の働きを低下させ、骨が吸収することを抑制します。

BP製剤は骨に働きかけるお薬ですから、当然飲めば、骨に集まります。

あごの骨はほとんどが硬い骨からできているので、

顎の骨に高濃度のBP製剤が蓄積されることになります。

そこで骨の代謝が起こりにくくなり、抜歯、インプラントなどの外科処置で、

傷に細菌が感染してしまうと、傷が治らないで、

顎骨壊死を発症しやすくないます。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る