佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

歯周病の進行度

こうすけ歯科医院

歯周病の進行度

 こんばんは。こうすけ歯科医院の古川です。

暖かくなってきました。

今日から3連休という人もいらっしゃったのではないでしょうか。

天気もまずまず見たいで楽しみですね。

さて、今日は、歯周病の進行度についてお話しをしたいと思います。

まず、正常の歯周ポケットは、3ミリ以下です。

但し3ミリ以下でも歯肉に炎症があるときは、歯肉炎といいます。

細菌により歯肉が炎症を起こし赤く腫れます。

見ただけでは分かりにくい場合もあります。

歯を磨いたり、硬いものを食べると出血する場合もあります。

幸いなことに歯を支えている骨の吸収はありません。

軽度の歯周炎は、歯周ポケットは3~4mmです。

歯と歯肉の間にできた溝(歯周ポケット)に歯垢や歯石が溜まります。

歯肉が赤く腫れ、出血したり、膿が出たり、歯槽骨が溶け始めます。

中等度歯周炎は、歯周ポケットは4~6ミリです。

炎症が進行して歯周ポケットが深くなり

歯肉が赤く腫れ上がり、口臭、不快感が出ます。

歯槽骨がかなり溶け、歯がグラグラし始めます。


重度歯周炎は、歯周ポケット6ミリ以上をいいます。

歯槽骨がほとんど溶けてなくなります。

歯肉は真っ赤もしくは赤紫色に腫れ上がり、

歯のぐらぐらがひどくなります。

最終的には抜けることもあります。

概ね、以上のような分類で歯周病の進行具合を分けます。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る