佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

詰め物の横がまたむし歯に。どうして?

こうすけ歯科医院

詰め物の横がまたむし歯に。どうして?

 こんばんは。こうすけ歯科医院の古川です。

 「詰めたところの横がまたむし歯になっちゃった」ということはありませんか?

これはおそらく、歯と詰め物との境目に汚れがたまって、新たなむし歯を作ってしまった、ということなんでしょうね。

 そうだとすれば、歯医者が下手だったのでしょうか?その可能性は、確かに否定はできないでしょうね。

 でも、いくら歯と見分けがないくらい、上手に詰めても拡大して見てみると、人工物である詰め物と自分との歯が一体化しているってことはなくて、やはりどうしても境目があるんですよね。

 この不連続な部分にはプラークがたまりやすいし、その中にむし歯菌がたくさんいると、むし歯になるリスクは当然高くなるわけです。

 いいたいことは、何か被せたり、詰めたりすることでもう大丈夫、というわけではありません。そこがスタートなんです。その後の手入れが重要なのです。リスクが高くてもプラークを溜めさえしなければ、むし歯を防ぐことは可能です。

 定期的にチェックしてもらって、予防しながらできるだけ長く詰め物を持たせていく。それでも、むし歯になってしまったら、最小限の治療をして、そしてまた長く持たせていく。

 このようなよい環境が生まれると、むし歯のストレスはだいぶ減ると思います。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る