佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

小学生のときに身につけたい食習慣

こうすけ歯科医院

小学生のときに身につけたい食習慣

 こんばんは。こうすけ歯科医院の古川です。

 6歳になると6歳臼歯とよばれるはじめての大人の歯が萌出します。その後、次々に乳歯が抜けて、ほとんどのヒトが小学校卒業の頃に永久歯に置き換わります。この6年間は、永久歯が萌出するということだけでなく、歯の放出するというだけでなく、上下の顎が大人の形に近づくための最も重要な成長をするということです。大人になったときの顎の形はある程度この時期に影響を受けます。

 この頃の悪習癖は、指導しないとますます悪い方向へ向かいます。一例を挙げる頬杖がそうです。頬杖は、外力が継続的にかかると、この時期は特に顎が不安定な時期なので外力によって形を変えてしまう可能性があります。今後放出してくる永久歯のスペースが狭くなる可能性も考えられ、永久歯の生える位置が本来の場所よりずれてしまいガタガタの永久歯列になってしまうこともあります。さらに下顎の正中部分は、変異し、顔が曲がってしまう可能性もあるのです。

 また噛み癖や頬杖は、筋肉の左右のバランスを崩し、骨格を歪めていきます。そのゆがみは頭部だけに留まらず、全身に広がっていきます。

 また、このころは、ハンバーガーなどのファーストフードや清涼飲料水が多くなります。これらは「ジャンクフード」と呼ばれます。これらの食品は、あまり噛む必要もなく、清涼飲料水で一緒に流し込むことが多いため、口腔内の筋肉の働きはその機能の1/3も機能していません。どのような時も食事の際に「正しい姿勢。正しく噛む。正しく飲む(嚥下)」を実践することが自分にとってとても重要である、ということを小学生である間に自分で理解し、それを自主的に実践する習慣をつけてほしいと考えます。

  

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る