佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

歯と骨をつなぐ歯根膜の役割

こうすけ歯科医院

歯と骨をつなぐ歯根膜の役割

 こんばんは。こうすけ歯科医院の古川です。

 歯と歯を支えている骨(歯槽骨)の間には。「歯根膜」という組織があります。この中には強い歯根膜繊維が存在し、この繊維の両端はしっかりと歯と歯槽骨に入り込んで両者をつなげています。歯がこの骨から抜けないのは、この繊維のおかげなのです。この膜は歯に加わる力に対するクッションの役目も担っています。

 また、歯根膜には脳の神経で最大の三叉神経の枝が多く分布しています。噛んだときに歯根膜に加わった力は、この神経を伝わり脳に伝わります。すなわち口腔と脳をつなぐセンサーです。

物を噛んでいるとき、卵焼きの中にわずかな殻が入っていたとしてすぐ気づきますよね。このように歯根膜のセンサーはとても感度良好です。

 歯根膜からのセンサーは、脳の中で意欲、思考、記憶などに関係する部分に伝わり刺激することがわかっています。すなわち「噛むこと」は「元気に生きること」につながり、その鍵となるセンサーが歯根膜の中にあるのです。

 

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る