佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

骨粗鬆症

こうすけ歯科医院

骨粗鬆症

 こんばんは。こうすけ歯科医院の古川です。

 骨粗鬆症とは、骨吸収が骨形成を上回る為、骨量が減少する疾患です。

女性ホルモンの分泌低下や加齢に加え、糖尿病なども原因のひとつになります。治療法は、食生活の改善、適度な運動、日光浴、薬物療法です。薬物療法として、BP製剤、選択的エストロゲン受容体調整役、カルシトニン製剤、ビタミンK製剤、ビタミンD製剤などがあります。

 歯科治療で注意が必要なのは、BP製剤です。抜歯などの観血的処置が引き金となり、顎骨が死んでしまう可能性が起こります。日本口腔外科学学会では、発生率は約0.01~0.02%といわれています。

BP製剤を使用している患者は、観血的処置が必要なときには、必ず歯科医師の判断を仰いでください。歯科医師はかかりつけいに対診をとり、観血的処置が可能かどうかの判断をします。

BP製剤の投与が3年未満で、リスク因子がなければ、通常の歯科治療を行ってもよいとされています。薬の休薬に関しては休薬期間が長ければ長いほど顎骨壊死の発生頻度は低くなるとの報告があり、骨のリモデリングを考慮すると3ヶ月間休薬が推奨されています。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る