佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

糖尿病は歯科治療にどう影響する?治療を受ける…

こうすけ歯科医院

糖尿病は歯科治療にどう影響する?治療を受けるにあたって注意点は?

 こんにちは。こうすけ歯科医院の古川です。

 糖尿病の患者さんは、

1.歯周病になりやすい

歯周病の炎症が起き易く、なかなか治りにくいという傾向があります。

2.傷が治りにくく感染しやすい

外科処置後の傷が治りにくく、感染しやすいです。抗生物質などは指示通りに飲みましょう

3.血液サラサラの薬も一緒に飲んでいると・・・・

糖尿病の合併症の治療のために、血液サラサラのお薬(抗凝固薬、抗血小板薬)を飲んでいると、外科処置後、血がなかなか止まりません。止血処置を念入りに行う必要があります。

4.低血糖発作を起こすことがある

食事療法、飲み薬、インスリンなどで血糖値のコントロールをして体調を整えてください。自己判断で食事や薬を抜くと低血糖発作を引き起こすことがあります。

※歯科ではよく痛み止め(鎮痛薬)が処方されます。その中の「ロキソニンは、糖尿病の飲み薬の代表格「スルホルニン尿素薬(アマリール、オイグルコン、グリミクロン、ダオニール)・・・商品名」の働きを阻害します。歯科の処方は通常3日分ほどですので大きな影響はないと思われますが、できればロキソニン以外の痛み止めのほうがいいかもしれません。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る