佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

喫煙と歯周病の関係

こうすけ歯科医院

喫煙と歯周病の関係

 こんばんは。こうすけ歯科医院の古川です。

 タバコを吸うと、その煙は最初に口腔内を通過します。タバコの害は、タバコ煙による直接的影響と血液を介した間接的影響があります。

 喫煙直後は、ニコチンにより血管が収縮し歯肉の毛細血管網の血流量の減少、ヘモグロビン量及び酸素飽和度の低下を示し、逆に歯周ポケット内の上皮は、血流量の増加、滲出液の増加が見られるそうです。でも、これは短期的なことで、長期による喫煙が続くと、逆に炎症を起こした歯肉からの出血が減り、ポケット内の滲出液が減少し、臨床的には歯周ポケットが深くなり、進んだ歯周炎であっても、歯肉からの出血量の減少、歯肉へのメラニン色素の沈着が起こり、歯肉の炎症症状がわかりにくい状態になっていきます。

 喫煙する歯周疾患者において、歯肉出血が少ないと疾患の発症や進行の自覚を遅らせることになります。臨床的には繊維性の深い歯周ポケットが形成されていきます。さらにこのような病的所見より、見た目は悪くなり、咀嚼、嚥下、発音などの大切な口腔機能の低下を促し、顔貌が憔悴していきます。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る