佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

歯周病と早産・低出生体重児出産の関係

こうすけ歯科医院

歯周病と早産・低出生体重児出産の関係

こんばんは。こうすけ歯科医院の古川です。

今日から天気予報では雨になりそうです。

明日は大荒れの天気になるということなので、皆さん注意してくださいね。

明日は「春一番」が吹くかもしれませんね。

さて、今日のトピックは、

「歯周病と早産・低出生体重児出産の関係」について述べたいと思います。

歯周病原細菌が妊婦に影響を及ぼすメカニズムは、

大きく分けて2つあると考えられています。

1つは、歯肉の炎症反応で産生された炎症性物質が血液中に入り、

そのレベルが上昇することによるものです。

このことにより早産(妊娠37週未満での出産)を

誘発する可能性が高まります。

もうひとつのメカニズムは、歯周病原菌が歯周ポケットから

直接血液中に進入する「菌血症」によるものです。

細菌は口の中から離れた子宮などの臓器にまで達し、

2次感染を引き起こすと考えられています。

子宮や羊水内への感染は、

早産・低出生体重児出産(新生児の体重が2,500g未満)のリスクとなることからも、

これらの細菌の影響は無視できません。

いろいろな研究からは、妊娠期間中にすでに胎盤などの組織に

歯周病原菌が移行していた場合は、

歯周治療を行ってもその細菌を除去することは難しく、

妊娠後の歯周治療では手遅れであることも報告されているので、

妊娠前から口腔内を良好に保つ必要があリそうです。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る