佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

過去に予防処置をした歯は、むし歯になりにくい

こうすけ歯科医院

過去に予防処置をした歯は、むし歯になりにくい

 こんばんは。こうすけ歯科医院の古川です。

 お子さんの歯牙がむし歯になりそうなので歯医者さんから、「予防処置をしておきますね」といわれ、樹脂を歯の溝に沿って埋めた経験をお持ちのご父兄のお子さんもおられると思います。その樹脂の詰め物を、専門用語でシーラントといいます。このシーラント、たまに外れてしまいます。それは、溝をきれいに掃除して詰めるだけなので、なかなか維持が取りにくいということがひとつの理由にあります。

 でも、シーラントが外れた歯であっても、シーラントをしていない歯よりもう蝕が少ない、という報告があります。表面の樹脂が外れても、エナメル質の中に入り込んだシーラント剤は残っており、その下の層への酸の浸透は遮断されるためと考えられています。したがって、う蝕になりにくい順番に並べると①シーラントをした歯、②シーラントをしたけど外れた歯、③シーラントをしていない歯の順番になります。

 以前、自分のお子さんの歯牙にシーラント処置を行った経験があり、シーラントが外れた歯牙を発見した場合は、歯科医院で、よりむし歯にならないように再度、処置を行ったほうがいいかも知れませんね。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る