佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

「詰めたら終わり」では残念ながらありません。

こうすけ歯科医院

「詰めたら終わり」では残念ながらありません。

 こんにちは、こうすけ歯科医院の古川です。

前回にも述べたように、詰め物の経年変化は、避けることができません。いつかは段差ができたり、隙間ができてしまいます。

 詰め物とは、歯をよろいのように守っているエナメル質に穴があいたとき、歯の内部にむし歯菌が入り込まないように封鎖し、歯が崩れないように補強するものです。治療が終われば穴は、肉眼ではなくなりますが、高倍率の顕微鏡で観察すると必ず境目が存在し、ガタガタしている像がみられます。また削った部分の歯質が元に戻ってくるわけではないので、慎重に経過を観察し、むし歯予防をしていく必要があるのです。

 もうひとつ、詰め物のある患者さんにぜひ知っていただきたいのですが、詰め物の経年変化です。詰め物はかなり苛酷な環境で毎日働き続けているので、削れたり欠けたりすることがあります。また、詰め物の周りの歯質も削れたり痛むことがあります。注意してケアしていかないと、いつの間にかできた段差や隙間から、むき出しの象牙質へとむし歯が入り込み、広がりやすいのです。

 われわれが治療を考えるとき、歯を削ったりするテクニックは、少しそのトレーニングを受けて、歯科医の資格を取れれば、誰にでもある程度はできると考えます。

治療後、この詰め物はどのくらい持つのだろうか?またわれわれは、もたせることができるのだろうか?といつも考えさせられます。特に噛む力の強い患者さんの経年変化は激しく、こまめな経過観察は欠かせません。

治療が終わった後、そこをスタート地点と考え、必ずメインテナンスに通い定期健診でクリーニングや予防処置を受けて歯を守っていきましょう。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る