佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

抜歯が必要なときはどんなとき?

こうすけ歯科医院

抜歯が必要なときはどんなとき?

 こんばんは。こうすけ歯科医院の古川です。

 抜歯するのは、われわれ歯科医にとって気が重いものです。どういうときに歯科医は、歯を抜くことを患者さんに提供するのでしょうか?

理由1)

むし歯や歯周病で治療するには手遅れのとき。

 歯の根の先に膿がたまり、まわりの骨にも及び、根っこを掃除したり手術をしても救えない重篤なむし歯や歯を支える骨が修復不可能なほど吸収してしまっている重篤な歯周病のとき。

理由2)隣の歯や周りの骨に悪影響があるとき。

 その歯を残すと、周りの歯や骨に悪影響があるとき。横向きに隣の歯を押す親知らずや、大きく縦に割れた歯などは、そのままにしておくと被害が周囲に拡大してしまいます。

理由3)炎症の根本原因を除去するため。

 むし歯や歯周病の炎症が原因で、口やあごの骨、さらには全身に影響が及ぶとき。治療しても繰り返し腫れるときに、炎症の原因を取り去る為の最終手段として行います。

理由4)矯正や入れ歯などの治療のため。

 矯正、入れ歯や被せ物、インプラントなど、ご希望の治療の結果がより安定し、よい状態が長く持つように戦略的に抜歯を行います。

理由5)害を与える歯で粘膜など傷つけないために

その歯があるために、粘膜を傷つけたり、粘膜にできた悪性腫瘍とこすれて刺激してしまうような場合、抜歯をし刺激の繰り返しを防止します。

 以上、歯科医師は抜歯を勧めますが、最終的には患者さんと歯科医師と話し合った後、患者さんが決定します。患者さんは十分納得した上で抜歯しましょう。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る