佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

親知らずの抜歯がたいへんなのはなぜ?

こうすけ歯科医院

親知らずの抜歯がたいへんなのはなぜ?

 こんばんは。こうすけ歯科医院の古川です。

 抜歯の中でたいへんなのが、「親知らずの抜歯」です。なぜなら親知らずは、多くの場合、横向きで骨の中に埋まっていることが多いからです。これを抜くには、歯ぐきを切り、骨を削り、親知らずの頭を出さないといけません。

 親知らずの抜歯で患者さんを悩ますのが、腫れ、痛み、後出血です。出血については、削った骨からジワジワ続くので心配する方が多いのですが、じつはこの血が重要で、たまるとゼリー状(血餅)になり骨の傷口を防いでくれます。うがいはできるだけ避けましょう。どうしても出血が多いときはガーゼなどで30分ほどグッと噛みます。

 横向きの親知らずをそのままにしておくと、周りの歯ぐきが炎症を起こし、前の歯の骨が溶けてしまったり、前の歯との間に物が挟まったままになり、むし歯をつくったりして前の歯をダメにしてしまいます。

 隣の歯(第二大臼歯、親知らずは第三代臼歯または知歯といいます)は将来にわたり機能してくれないと困る大事な歯牙です。親知らずが原因で問題をつくっている 場合は、抜歯することも検討し、できるなら早めに抜きましょう。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る