佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

歯周病のチクチクする検査は?

こうすけ歯科医院

歯周病のチクチクする検査は?

 こんにちは。こうすけ歯科医院の古川です。

 皆さんは、歯医者に行って歯石をとる前に行う細い棒を差し込む検査をうけたことがあると思います。チクチクして痛いし血が出ることもありますよね。何のために行うのでしょうか。

 歯周病による歯ぐきの炎症は、お口の中を見ただけでは、完全にはわかりません。なぜなら、炎症は歯ぐきの内側から発生するからです。そこであの細い棒(プローブ)の出番となります。

 検査では歯ぐきの溝の中にプローブを挿入していきます。このとき出血がある場合は、溝の内部の歯ぐきが炎症していることを意味します。

 歯ぐきの炎症は、ちょっとプローブが触れただけで血が出てしまうのです。

 出血するような状態をそのままにしておくと、歯ぐきの溝が深くなり「歯周ポケット」と呼ばれるものができます。これは歯周病の重症度を把握するひとつの指標で、ポケットが4mmを超えている場合は、病的な状態と考えられています(細い棒に目盛りがついています)。

 一般的には、この検査に加え、レントゲン写真で歯を支えている骨の吸収程度をみて、歯周炎の診断がなされます。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る