佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

歯磨き粉のなかの研磨剤は、本当に歯を削るの?

こうすけ歯科医院

歯磨き粉のなかの研磨剤は、本当に歯を削るの?

 こんばんは。こうすけ歯科医院の古川です。

 歯磨き粉のなかには、清掃剤(研磨剤)としてリン酸水素カルシウム、水酸化アルミニウム、無水ケイ酸などが用いられています。実験により確かに清掃剤は歯面を削りますが、健康障害が出るほど削れることはないということがわかっています。それよりも、歯ブラシの毛の硬さやブラッシング圧のほうが研磨性に影響が出るようです。

 歯磨き粉の歯面研磨性は、RDAという象牙質研磨力の評価値により世界的には250以下と基準化されています。日本では150以下と世界基準より低く設定されています。ただしこれは、決められた歯ブラシを持ちい基準化された力でどのくらい象牙質が削られるかを示すものです。実際のブラッシングでは、硬い毛の歯ブラシで強い力で磨いたり、清掃剤の粒子が硬かったりすると、象牙質へのダメージは大きくなるようです。

 日本で販売されている清掃剤の配合割合は、ペーストタイプでは10~60パーセントですが、現在の製品の配合量は以前より少なく、研磨生が低く抑えられています。清掃剤無配合のジェルタイプは、歯根露出や知覚過敏などで歯面への刺激を抑えたいときに利用すると刺激が抑えられるでしょう。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る