佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

洗口液の使い方とその成分

こうすけ歯科医院

洗口液の使い方とその成分

 こんばんは。こうすけ歯科医院の古川です。

 口臭予防を謳った洗口液は、口臭の主な原因物質である揮発性硫黄化合物(VSC)を押さえるためにさまざまな成分を入れてつくられています。

 クロルヘキシジンや塩化セチルピリジウムなどの抗菌薬は、VSCを産生する細菌の発育を抑制します。また、亜鉛などの金属イオンは、硫黄と結合することにより、非揮発性の硫黄化物を形成し、揮発性硫黄化物を産生させないようにする働きがあるようです。亜塩素酸ナトリウムや過酸化水素などの酸化剤は、硫黄含有アミノ酸からVSCが産生されるのを抑える作用があります。皆さんおなじみのペパーミントやスペアミントなどの香料は、口臭自体を隠してしまう効果があるようです。

 これらの成分が配合された洗口液は、一時的に口臭を抑えることには適していますが、口臭予防の基本は口腔内の歯垢をきれいに落とし、口腔細菌のコントロールにあるといえます。どうしても機械的に汚れを落とすことができない場合、洗口液での洗口はその効果を期待することもできるでしょう。

 洗口液を使用する時間帯は、口腔細菌が徐々に増殖して口臭が強くなる昼食前や夕食前の時間帯に使用するのが、有効であると思われます。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る