佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

歯周病の治り方

こうすけ歯科医院

歯周病の治り方

 こんばんは。こうすけ歯科医院の古川です。

 歯周病の治療で、治療の後、「なんだか前より歯ぐきが下がった気がするの?これって大丈夫?」という訴えがあります。これは、歯周病が進み歯ぐきが下がるほどあごの骨が溶けてしまい、治療のおかげで炎症が消失した場合に起こります。残念ながら一度失われた歯を支えている骨は、よっぽど条件が良くないと元に戻りません。多くの場合、最初の状態まで骨が回復することは困難です。

 歯ぐきの腫れの程度や程度や状態と、あごの骨の吸収の程度により、治療後の歯ぐきの下がり方や、隙間の広がり方は違ってきます。一般に、ブヨブヨの歯ぐきであごの骨が歯根の長さの半分くらい吸収されている場合は、治療後には歯ぐきはかなり下がり、隙間も広がると予想できます。

 歯医者で汚れや歯石を取ると、歯ぐきの炎症が改善され、腫れも引き、歯周ポケットも浅くなります。すると歯ぐきが下がり、歯根が見えてきたり、歯と歯の間の隙間が広がります。これは腫れが引き歯ぐきが下がった結果ですので、正常な治癒の過程といえます。

 もし見栄えを気になさるのなら、被せ物や手術で対応できることもあります。

 

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る