佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

糖尿病と歯周病の関係

こうすけ歯科医院

糖尿病と歯周病の関係

 こんばんは。こうすけ歯科医院の古川です。

 糖尿病は、すい臓のインシュリンをつくる細胞が破壊されインシュリンの絶対量が少なくなる1型と、メタボリック・シンドロームに代表される生活習慣病としての糖尿病の2型に分けられています。糖尿病は、感染症が原因で一時的に起こるものや妊娠時にみられる事もあります。

 糖尿病1型は、糖尿病全体の5パーセント程度です。子どもにみられ、常にインシュリンの注射をしなければなりません。日本人の糖尿病の95パーセントを占める2型糖尿病の原因として、真っ先に挙げられるのは食べ過ぎ、飲みすぎです。第二次世界大戦直後の食べ物が満足に無かった時代には、糖尿病の患者は日本人の1%以下であったそうです。2013年度の調査では、男性が16.2%、女性が9.2%で今後ますます増え続けるだろうと考えられています。また糖尿病予備軍も11,00万人と推定されています。

 歯周病を改善すれば、糖尿病の状態を表すHbA1cに改善が見られることは、世界各国で報告されてきました。日本糖尿病学会は、2013年の「科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン」に2型糖尿病患者には、歯周病の治療が大切であるとしています。糖尿病患者が歯周病の治療を受けることで血液中のHbA1c値を低下させることができるため、歯周病の治療は非常に有効であるといえます。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る