佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

歯医者さんで詰め物したあと、冷たいものがしみ…

こうすけ歯科医院

歯医者さんで詰め物したあと、冷たいものがしみる!!

 こんばんは。こうすけ歯科医院の古川です。

 歯医者さんでむし歯の治療をしたのはいいけど、詰め物をした後、冷たいものがしみるようになった。という経験はありませんか?詰め物を入れたのにしみるとなると、「ちゃんと治療したのか」「むし歯の取りのこしがあるんじゃないか」と不安に思うかもしれません。でも、むし歯が神経の近くまで及んでいた場合、削った刺激で歯がしみることは起こりえるのです。

 象牙質まで進んでいるむし歯を治療する場合、細菌に汚染された象牙質は削って取り除くことになります。すると象牙質にいりこんでいる神経の末端も削り取ることになります。象牙質を削るということは、神経の切れ端がむき出しになるということですからその部分に詰め物をしても、冷温水刺激が伝わりやすく、しみてしまうことがあるのです。

 このようにしみるかしみないかは、むし歯の進行の度合いや、歯の神経の興奮の度合いにより差がでます。

 でもそんなに心配しなくてもいいですよ。よくしたもので、むき出しになった神経に刺激が伝わり続けると,歯は刺激を遮断しようとして「二次象牙質」と呼ばれる防御機構を作り出します。二次象牙質ができればだんだんしみなくなります(これには3ヶ月ぐらいかかるといわれています)。

 二次象牙質はすぐにはできないので、詰め物を入れた後はしばらくそのまま様子をみましょう。多くの場合、徐々にしみなくなってくると思いますよ。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る