佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

お口は閉じましょう

こうすけ歯科医院

お口は閉じましょう

 こんばんは。こうすけ歯科医院の古川です。

 口が開いている児童は、特に上の前歯にべったりと汚れが付いていることが多いです。唇がいつも閉じていると、それだけで上の前歯の汚れはほぼ取れていきます。こういう子どもたちには、しっかり歯をみがく指導も大切ですが、常にお口を閉じる教育が必要になっていきます。

 口唇は、本来安静のときは上唇と下唇が軽く触れて閉じていることが正常ですが、現在は子どもから大人までぽかんとお口をあけている姿をよく見かけます。また上唇と下唇の間から舌が顔を出している子供もいます(舌癖)これは、咀嚼・嚥下機能の不調和、扁桃肥大、アデノイド、鼻が詰まっている、舌小帯異常、悪習癖、乳歯の早期脱落、低位歯、悪い姿勢などが原因といわれています。

 お口の内外の周囲筋が負の作用を起こすと、歯列に影響を及ぼします。たとえば、開口癖があって、歯が上唇によって抑制されていなければ、上の歯は前に出てきます(出っ歯)、同じく開口癖が合って、舌が低位で下顎前歯を常に押した状態だと、下の前歯が前に出てくるでしょう(受け口)、舌が上下の歯の間に入れる癖があると、開咬してしまいます。 ほっぺの圧力、唇の圧力、舌の圧力のそれぞれのバランスが取れている位置に、歯は並ぶように出来ているのです。

 年齢が上がるにつれ、誤って獲得した機能の是正は困難になるため、早い月齢・年齢の内からの指導が重要になっていきます。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る