佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30
▲ 木曜日/9:00~13:00

休診日
日・祝

▲ 木曜:祝祭日のある週は午後も診療致します ▲ 第1木曜は12:00までの診療となります

歯周病からの抵抗は、「守るために壊す」です。

こうすけ歯科医院

歯周病からの抵抗は、「守るために壊す」です。

 こんにちは。こうすけ歯科医院の古川です。

 歯周病が進行すると、歯ぐきを支えているあごの骨が溶けてしまいます。これは生体自身が細菌の塊から歯ぐきを遠ざけて、細菌が体の中に侵入しないようにする一種の生体の防御反応といえるでしょう。

 一般的に健康な歯ぐきでは、骨をつくる「骨芽細胞」と骨を破壊する「破骨細胞」が絶妙なバランスを取りながらあごの骨を一定に保っています。しかしながら、歯ぐきの炎症が長引くと、破骨細胞の方が有利になり、あごの骨を壊す量の方が多くなるようです。当然ですが、その上の歯ぐきもやせてきます。

 あごも骨が減ると、支えが少なくなるので歯が動き出します。よく「歯周病では歯ぐきが下がってしまう」といわれますが、これは、免疫が自分のからだを守るために、歯を犠牲にしているわけです。

 歯ぐきの炎症が改善し破骨細胞の数が減らない限り、歯ぐきが下がる進行を止めることはできません。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る