佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

歯ぐきから出血したときは?

こうすけ歯科医院

歯ぐきから出血したときは?

 こんばんは。こうすけ歯科医院の古川です。

歯みがき時の出血が気になって歯科医院を受診する患者さんがいます。これは歯ぐきに炎症があるから、出血するのです。

 炎症を起こした歯ぐきは、赤くなり、腫れてブヨブヨになります。そして歯と歯ぐきの間に深い溝、歯周ポケットができてしまいます。この中を観察すると、歯の表面にべったりと汚れや歯石がついているのが見えます。

 歯ぐきに炎症を起こすのは、プラークと呼ばれる細菌の塊、つまり汚れです。歯石はプラークが石灰化したもので、プラーク中の細菌や産生物は、歯ぐきの中に侵入しようとします。

 すると生体のほうは侵入を防ぐために、血管の拡張や充血が生じます。炎症は浮腫を生じブヨブヨになり、歯ブラシなどの刺激が加わると、出血するようになるのです。

 血が怖いからといって、歯みがきをおろそかにすると、炎症はますます悪化します。

 これが続くと、炎症を悪化させる悪玉菌がさらに増えて、次第に歯を支えている骨をも壊していきます。そのうち歯もぐらつき始め、腫れもさらにひどくなり、血だけでなく、膿も出るようになります。さらに口臭もひどくなってきます。

 できるだけ早く歯周病の治療を受けないと、やがて歯は抜けてしまいます。

 

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る