佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

低ホスファターゼ症について

こうすけ歯科医院

低ホスファターゼ症について

 こんにちは。こうすけ歯科医院の古川です。

 皆さんは、低ホスファターゼ症という病気をご存知ですか?

低ホスファターゼ症とは、骨や歯をつくるのに欠かせないアルカリホスファターゼという酵素が体内で不足するために起きる病気です。骨や歯の成長が不十分になり、骨折しやすかったり、歯が抜けやすくなったりする難病指定を受けている病気です。

 もともとは遺伝子の病気なのですが、現在この病気は、酵素を補充するための薬が開発され、早期に治療が受けられれば、骨の成長が促されます。

 この病気の問題点として、軽症型のお子さんは、病気が見逃されやすいという傾向にあることです。重症型の場合、肋骨がうまく育たないとか症状がはっきりしており、まず見逃されることはなく治療ができますが、軽症型の場合は、健常者より骨折しやすいとか、歯が抜けやすいなど症状はありますが、それが病気の影響だとは気づかれず、治療の機会を逃してしまう方がおられるのです。

 低ホスファターゼ症の歯科的所見としては、「乳歯の早期脱落」です。永久歯の生え変わり時期の前に、乳歯の前歯がグラグラして早々と抜けてしまったり、ちょっとぶつけた拍子にポロリと歯が抜けてしまったり、このような症状がみられるときは是非一度歯科を受診されてください。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る