佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

歯周病菌と脳梗塞や心筋梗塞の関係

こうすけ歯科医院

歯周病菌と脳梗塞や心筋梗塞の関係

 こんにちは。こうすけ歯科医院の古川です。

 歯周病菌が、脳梗塞や心筋梗塞に影響を及ぼすことを聞かれたことがありますか?脳梗塞は脳の血管が詰まって起こります。心筋梗塞は心臓の血管が詰まって起こります。どちらも命取りになりかねない恐ろしい病気です。

 まずは歯周病とは関係なく、血管が詰まる仕組みをお話しします。血管が詰まる主な原因である「動脈硬化」は、一般には「血管の内壁にコレステロールが蓄積し、脂肪分が沈着する」ことで起こります。このかたまりは、厚くなると血管を防いでしまったり、剥がれ落ちることもあります。そうすると血流にのって心臓や脳の血管に達して血栓となり、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすのです。

 進行した歯周病の場合はどうでしょう?

 まず炎症を起こした歯ぐきから入り込んだ多数の歯周病感が、血流にのり、からだをめぐります。これらは、血管の内壁に入り込んで堆積します。からだの方は、白血球などがやってきて、歯周病菌を食べ、食べた後は、死がいとなってその場に残ってしまいます。

 これが動脈硬化を起こし血流の流れを阻害し、前述したようになると考えられています。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る