佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

おなかの赤ちゃんに歯周病が影響する!

こうすけ歯科医院

おなかの赤ちゃんに歯周病が影響する!

 こんにちは。こうすけ歯科医院の古川です。

 たばこやアルコール、そのほか産科器官の感染症、高齢出産などが早産・低体重児出産にかかわることは知られていますが、歯周病も一因になると考えられています。その過程として、今考えられているケースを2つ紹介します。

 通常のお産の場合、母体の変化や胎児の成長により、妊婦の体内ではさまざまな炎症性物質やホルモン、タンパク質分解酵素の濃度が上昇し、出産が促されるそうです。これに対し、歯周病で炎症がある場合には、炎症性物質が歯ぐきから体内に入り込みます。炎症性物質の増加はタンパク質分解酵素の分泌を促進し、子宮の収縮を引き起こし、その結果、赤ちゃんが押し出されて早産・低体重児出産につながると考えられています。

 もうひとつは、それに加えて、歯周病菌が子宮内部の器官に直接感染してしまうパターンも考えられています。羊水、羊膜などへの細菌の感染は、早産や、胎児の発育不全のリスクになることがわかっています。実際、羊水やへその緒から歯周病菌が検出されたという報告もあるようです。

  これから赤ちゃんをと思っている方は、歯周病の治療も早めに済ませておきましょう。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る