佐賀市兵庫町の安心の歯医者「こうすけ歯科医院」のお知らせ・ブログのページです。

お電話での診療予約・ご相談はこちらから
TEL:0120-6480-29
月~土/9:00~18:30

休診日
日・祝

※祝日等お休みのない週は木曜日が休診となります

むし歯菌と砂糖の関係

こうすけ歯科医院

むし歯菌と砂糖の関係

 こんにちは。こうすけ歯科医院の古川です。

 むし歯菌(ミュータンス連鎖球菌)の餌となり、酸をつくる材料となる「発酵性糖質」には、スクロース、ブドウ糖、果糖、麦芽糖、乳頭などがあります。この中で、スクロースからは、ネバネバする物質である「ムタン」が合成できます。ムタンを合成できるのはたくさんいる口腔内細菌のうちむし歯菌だけで、ムタンを合成する材料となるのも糖のうちスクロースだけでほかの糖からは合成できません。

 「ムタン」は水に溶けず、粘着性が強い物質で、このことによりむし歯菌は歯の表面に強く付着することができます。つまり唾液で洗い流すことは困難となります。

 ムタンが存在する歯垢内では、むし歯菌のほかにいろいろな細菌も住みついています。これらの細菌は、発酵性糖質を分解して有機酸をつくります。その結果、歯垢内は酸性に傾き、歯のエナメル質が溶け、歯に穴が開いてしまうのです。これがむし歯です。

TOPへ戻る
TOPへ
戻る
TOPへ戻る